【ブランドを活かし、マーケティング手法でブランドの価値を落とさないように。】

Avatar 光之森 2022-04-12 297 セカンダリ(エクスプローラ) 0

感覚マーケティングをやりたいですか?その場合は販売しないでください。もし、ブランドの表した深層意味がわからないと、ブランドの意味を徐々に曖昧にさせます。筆者がここで言ったブランドは一種の感覚であり、一種の好みです。どうやってブランドに感覚マーケティングをさせるのか?以下の分析を見てみましょう。

ある商品に刻んだロゴを見て、この会社または工場が打ち出した商品は全く私の心をとらえると思わず思っているのでしょう。だから、あなたはこの商品が好きで、彼らが認可、宣伝、堅持した全てのことが好きです。これこそがブランドです。

「ブランド化」とは、上述内容からわかるように、説得及び納得されるために、様々なコミュニケーション方式を利用している過程です。
過去にブランドの過程はあまり注目されていませんでした。広告会社のことは、メディアが購入したことだとよく思われます。だから、数多くの会社は大金を使って、数多くの広告を投入し、中には面白い広告があるかもしれませんが、結局、あなたはこのブランドに印象に残るが、見所はどこなのかわかっていないです。

一時期、ブランドコミュニケーションを特に体験を強調するようになりましたが、これがいわゆる「五感マーケティング」です。接触できる各詳細を重視し、消費者の知らない話を漏らし、感服させます。しかし、五感マーケティングの前提は消費者の数が少ないことに限られます。もし、焦点を詳細に当てた場合、限られた人力と予算のもとで、コミュニケーションが難しくなるまたはより多くの消費者を惹きつけられなくなります。

数年前、口コミマーケティングが盛んに行われましたがネット上の各種の投稿、広告文、深さのある文章、開梱文、ブロガーがシェアした文章やネタバレなど思い付いたものが全て出てきました。けれども、これらの文章が存在できる前提は一部の方がこれらの文章が好きなことです。そして、写真または画像の転送を通じて、ネット、携帯電話やコミュニティを組み合わせて散布されていることこそ、意味があります。ただ消費者は気が変わりやすくて、多く見たら何もないと感じがちです。多くやったら、偽物も多く見られます。従って、口コミマーケティングは思いのほかの負担となります。

個性を強調する企業や広告会社もあります。美しくてかっこういい画面を撮影し、インフルエンサーまたは一般人と協力し、コミュニケーションを行います。あるいはずっとsp活動を行い、ずっと割引して、ブランドの意味を諦め、消費者に購入されればよいと考える企業もあります。

特に、経済が低迷した時期、社長や親会社が要求される業績が高ければ、ブランドの意味がますます曖昧になり、直接に販売し、大容量、質のいい商品は効果的です。あるいは効果、代弁者、美しくてかっこういくて割と人をひきつけることができるのようです。しかし、これらはまだ表面に留まり、ブランドの深層意味を忘れてしまいました。

ブランドは一種の感覚であり、一種の好みです。もし、好かれるなら、愛すれば愛するほど、購買行動が増え、お値段まで忘れ、商品の価値を追求することになります。そして、批判もなくなり、心の中での口コミだけを追求します。
近年来のブランドマーケティングは四つのキーポイントがあります。注意しておきましょう。

ダウンロード

1. 商品自身に回帰
商品の特色、価格、包装、使用、メンテナンスや獲得はバランスの良い全体感になります。即ち、少なくても80点となります。そうすると、消費者は問題がある場合、例え20点を減らしても、まだ合格ラインにあり、まだ場ランドの宣伝を通じて、20点を加え、持続に80点のパフォーマンスを維持することができます。

2. 実務に回帰
価格を高くしてから割引したり、ものを買ったら景品をついたり、パッケージに多くのお金をかかったが、中身はイマイチだったり、商品が良いと思ったが人気がなかったりすることなど、皆実務的ではない表現です。良いところ+意味のある宣伝(違った時期+異なる道具+異なるシーンにおける異なる内容の調整) =消費者が納得できます。けれども、実務すぎることや在庫をゼロにすることなどのために、ブランドの価値を下げてはいけないです。

3. 導きに回帰
まだ携帯電話、テレビ、広告や口コミなどで消費者を影響していますか?遅すぎです、効果なさすぎます。消費者が本当に常に触れたり、読んだり、聞いたりするくことができる方式、メディアの習慣は何だと真剣に考えてみましょう。どのように影響し、取り入れ、力を借りて使いますか?これは本当にメッセージを投げ、効果的な導きの第一歩です。

4. 重視に回帰
我々消費者は一体何を望んでいますか?商品を買って家に帰るほか、お金を節約したら、何ができますか?ブランドマーケティングが自家の商品を売り出すことに注目する他に、消費者の感覚を重視すべきでしょう。例えば、購買活動を通じて景品やspの費用を節約したら、手頃なお値段をつけて、購入後、周辺の情報(駐車所の場所などを消費者にシェアする)を入手できます。消費者は思わず心から「いいね~すべて考えてくれていますね」と思っています。こうすれば、あなたのブランドをより一層気に入っていただけるのではないでしょうか?
もし、販売だけでしたら、ブランドを忘れましょう。売り切れればいいのです。もし、いつか商品が全部売り切れても、消費者がまだ自分の商品を思って忘れないで欲しいなら、ブランドの宣伝力をしっかりと広めるべきではないでしょうか?

本文は 光之森 で発表 光の森,この文章を転載したら文章の完全性を維持し、文章の出所を添付してください(光の森)。

テキストリンク:http://www.hikari-mori.jp/819.html

0 個コメント

無意味なコメントはすぐに削除され、アカウントは発言を禁止される コメント 0/500
 
  1. 还没有任何评论,你来说两句吧