【カートに入れた商品が70%忘れられる!この10の対策で「カゴ落ち率」をぐっと下げる】

Avatar 光之森 2022-04-12 307 セカンダリ(エクスプローラ) 0

ショッピングサイトを回遊し、気に入った商品をカートに入れた後、考えに考えを重ねて、結局購入しなかったり、すぐに購入しなかったりして、最後に購入しないままとなったってこういった経験がありませんか?
もしあなたもこのような経験がありましたら、あなたがこのカゴ落ち率を高くさせた原因です。EC事業者にとって、カゴ落ち率はかなり重要な指標です。なぜなら、これは顧客の流失率を表します。即ち、もうすぐ最後の一歩「 購買成功」を達したが、結局、顧客はお支払いを放棄してしまいました。
毎年、カート離脱額は4.6兆ドルに達します。今日はEC出品者にいくつかのコツを教え、顧客をしっかり留めて支払わせます。
本篇目次
1 カゴ落ち率とは
2 異なる分野におけるカゴ落ち率
3 消費者はカートを放棄する原因
4 カゴ落ち率を軽減する10の対策

1 カゴ落ち率とは
まず、カゴ落ち率とは何でしょうか?カゴ落ち率とは、オンラインショッピングの際、消費者が商品をカートに入れたものの、購入完了まで行き着かず、買い物を途中でやめる比率を指します。これはあなたがスーパーでカゴを持って買い物したつもりですが、結局何も買わずにカゴを置いて帰ってしまったとのことと同じです。
カゴ落ち率のアルゴリズム:
カゴ落ち率=1–(購買完了数/カートに入れた数)*100%
Optinmonterのデータによると、この比率は2006年の59.8%から2018年を経て現在の75.6%まで徐々に伸びています。つまり2018年までに100人につき75人以上が商品をカートに入れたが、最後に買わないままとなりました。もちろん、各EC出品者のカゴ落ち率は完全に似ているとは限らないです。なぜなら、カゴ落ち率の高さは分野、商品及び使っている設備と関わります。
2.各分野におけるカゴ落ち率
最も高いカゴ落ち率を持っている分野はそれぞれ金融、非営利組織、旅行、そして小売業です。一方製品別から見れば、カゴ落ち率が最も高いのは衣服で、40%に達し、最も低いのは運動別で、わずか2%です。
もし我々がカート放棄の原因を深く分析すれば、カゴ落ちの原因は以下の通りです。①55%の回答者は送料、消費税や手数料などの予期せぬ追加コスのため、購入をやめてしまいました。②34%の回答者は会員登録しないと購入できないシステムのため、購入をやめてしまいました。③26%の回答者は購入プロセスが複雑のため、購入をやめてしまいました。④21%の回答者は直接に全ての注文が見られないのため、購入をやめてしまいました。そのほかの原因としてはサイトのセキュリティへの不安やお得な割り引く、クーポンやセールがないなどを含めます。
では、カゴ落ち率を軽減するコツがありますか?
3.カゴ落ち率をぐっと軽減する10の対策
1. 購入ページから離れるときのバウンスウィンドウを設定する
もしあなたのウェブサイトはまだ設定されないなら、試してみてもいいです。これらのバウンスウィンドウはウェブサイトのどのページに加入できます。例えばショッピングカート及び決済ページ、お客様がウェブページを離れる動作を検知して自動的に表示します。いくつかのお客様を止める励ましメッセージを設定してもいいです。例えば、お得な割引やクーポンをあげたり、より多くの製品情報を見せたりします。
2.予期せぬ追加コストをなくす
上述内容からわかるように、55%の顧客がカート放棄の原因は「予期せぬ追加コスト」にあります。予期せぬ追加コストをなくすためには、これらの料金を彼らがカートに入れる前に表示する必要があります。しかし、浮く送料をどう計算すべきですか?もしあなたがよく使うネットショップを構築できるシステム、例えばWooCommerceを使うなら、いくつかのプラグインがこれらの悩みを解消してくれます。お客様が商品をカートに入れる前に、大体の送料を算出します。(例えば、WooCommerce商品ページの送料計算機を使っても良い)
3.明らかなカートボタンを設定する
24%の顧客がカートを放棄する原因はもうちょっと考えて、後で買いたいからです。これもECサイトがカートの表示をウェブサイトの右上に設定し、お客様が後ではっきりとみられ、これらのものがまだ買い終わっていないことを注意するためです。
例えば、shopeeのウェブサイトの右上に「カート」をしっかり表示し、しかもいくつかの商品はまだ買い終わっていないとのことを書いてあります。
4.登録しなくても決済可能の機能を増やす
多くのECサイトはお客様の登録率を高めるため、お客様に先に登録してから決済するように要求します。しかし、これはお客様にとってかなり面倒なことです。ショッピングの流れを長くするだけでなく、お客様の流失率を大幅に増やしました。「訪問客決済」の機能を開き、お客様が決済完了した後、お客様に登録させてもいいです。

ダウンロードizenn

5.決済の流れを短縮する
カゴ落ち率を軽減するには、不要なページや複雑な決済流れを減らすことが一番いいです。流れを簡略化する際、このページは本当に重要なのか、このページの目的はなんだか、ほかの代替方法がありますかって自分に聞いてみてください。もしチェックだけで完了できることなら、わざとバウンスウィンドウを設定する必要はありません。購入の流れがシンプルすれば、お客様はよりスムーズに購買行動を完了し、カゴ落ち率も大幅に下げられます。
6.「よくある質問/私たちに連絡する」ボタンをはっきりさせる
お客様が決済を進める際、ウェブサイトまたは製品についての質問や配慮がたくさんあるかもしれないです。したがって、出品者は決済ページに「私たちに連絡する」方法と「よくある質問」をはっきりと表示すべきです。将来問題があっても気軽に出品者に連絡できるとお客様に安心させるためです。
実は、オンラインチャットロボットはお客様の問題をタイムリーに解決できる良いツールです。もし必要がありましたら、ManyChatチャットロボットを試してもいいです。

ダウンロード

7.カートを保存する
84%のオンライン消費者は各ショッピングサイトでいろいろと比較します。使いやすい発達したインターネットがあるため、お客様がより素早く自分の気に入る商品の類似品を見つけられ、いろいろと比べてから購入します。いくつかの慎重なお客様が何日間をかかって、異なるサイト、プラットフォームで比べてから購入するかどうかを決めます。もし、サイトに「カートを保存する」機能があれば、このような比較流れをさらに便利させ、お客様が見た商品を再閲覧する意欲をも高めます。
8.カート注意のメールを発送する
もし、お客様が会員であれば、注意のメールを発送してもいいです。例えば、下図の例のように、お客様がページを去った5日後に、自動で「好きなものはまだ買い終わっていない、購入を続けますか」というメールを発送してもいいです。そして、製品の情報を加え、購買率を促進します。
9.危機感を作るコツを使う
皆さんが「チャンスを逃す」という心理的な恐怖感を利用し、サイトでお客様が購買行動を促進する情報を掲載します。旅行プラットフォームではよくこのコツを使います。例えば、「後8人が見ている」「残りの部屋はわずか一間」など。「危機感を作る七つの方法」を参考し、転換率を高めます。
10.多種類な決済方式を提供する
ComScoreのデータによると、56%のオンライン消費者は決済時に多種類な決済方式を見たいと思っています。各お客様の気に入る決済方式も同じではないです。一部の方はクレジットカードを使うのが好きです。一方コンビニで決済するのがすきな方もいます。これもブランド出品者はお客様一人一人のプロフィールをしっかりと作り、さらにお客様の異なる決済方式の需要を把握するためです。
ここまで見て、あなたのインスピレーションを引き出しましたか、この文章がカゴ落ち率を軽減し、お客様をしっかりと残して、商品の転化率を最大限に高めることに役立てば何よりもうれしいです。

 

本文は 光之森 で発表 光の森,この文章を転載したら文章の完全性を維持し、文章の出所を添付してください(光の森)。

テキストリンク:http://www.hikari-mori.jp/822.html

0 個コメント

無意味なコメントはすぐに削除され、アカウントは発言を禁止される コメント 0/500
 
  1. 还没有任何评论,你来说两句吧