中国の内需市場に参入したいの? まずはこれらの5つのマーケティング用語を理解しましょう!

Avatar 光之森 2022-04-12 114 セカンダリ(エクスプローラ) 0

多国籍企業にとって、中国市場はますます重要になってきたはずだ。American Forbes誌のウェブサイトは最近、「2020年に知っておくべき5つの中国のマーケティング用語」というタイトルの記事を公開した。2020年に中国でマーケティングする方法を知るには、まず2019年に中国のマーケティングになったものに精通している必要があるだろう。
それでは、先ほどお伝えした5項の専門用語をご紹介していきます。

画像2

一番目:下沈(沈むこと) 

以前、外国のブランドは通常、中国の第1層または第2層の都市の消費者に焦点を当てていたが、近年、これらの都市の消費の伸びは鈍化していくると思われる。「下沈」とは、ブランドのマーケティング活動が、下位層の都市に深化または急降下していることを意味しいる。
レポートによると、中国の比較的発展途上の中小都市と農村地域が次の消費の波を牽引していると述べていた。第3層以下の都市での生活費、特に住宅費が低いということは、それらの可処分所得が多いと示していると思われる。

二番目は:プライベートドメイントラフィック

「プライベートドメイントラフィック」は、2019年の主要な流行語の1つになった。これは、ブランドがソーシャルメディアで作成しようとしているインターネットの有名人やブランドなどのインターネットユーザーに直接アクセスできる「プライベート」トラフィックを指している。WeChatは中国最大のプライベートドメイントラフィックプラットフォームであり、多くのブランドがWeChatアカウント、WeChatグループ、WeChatアプレットを使用してオンラインの消費者コミュニティを構築している。

三番目:KOC(Key Opinion Consumer)

アジアの多くの地域では、インターネットの有名人はKOL(Key Opinion Leaders)と呼ばれている。 2019年、KOLマーケティングの「サブグループ」は中国で急速に増加しているが、それがKOCだ。
実際には、KOCもソーシャルメディアで経験を共有するのが好きな一般消費者である。 KOLとは異なり、ファンは数百人から数千人しかいない可能性があるため、ファンと密接な関係がある。 KOLとのもう1つの違いは、KOCの活動は通常無料ということだ。しかし、コンテンツを共有するブランドから無料の製品を受け取りたい場合もある。中国の消費者は、KOLが有料であるためにKOLが製品を推奨していることを知っていますが、消費者はビジネスの影響を受けないより多くのコンテンツを求めています。
 
四番目:電子商取引のライブ放送

eコマースのライブ放送は長年中国で行われていたが、2019年に本格的に開始された。これは昨年の「ダブル11」ではっきりと表れた。淘宝網のライブ放送は、28億5,000万ドルの売り上げを記録し、およそ淘宝網当時の売り上げの7.5%占めた。
 
五番目:チャイナ風潮

近年、中国の伝統的なスタイルや文化を取り入れたブランドや製品に対する中国の若い消費者の関心が高まったが、この傾向は「チャイナ風潮」として知られている。中国の若者、特に20歳から25歳にかけての若者たちは、前の世代とはまったく異なる環境で成長しており、世界的な経済大国としての中国の台頭を目の当たりにしている。
 中国の中・高年層は、輸入製品の品質が国内製品よりも優れていると信じているが、若い中国の消費者は、特に化粧品、スキンケア製品、ケータリング、ファストファッションの分野ではそうと思わないかもしれない。
Forbesは、「チャイナ風潮」は中国国内ブランドの台頭に限定されているのではなく、伝統的なスタイルと文化的要素が中国で回復していることも反映していると指摘していた。しかし、これは中国国内ブランドとの協力や製品への中国の模様の追加が成功することができるという意味でもない。国際的なブランドは、中国の文化を解釈するために非常に注意する必要べきだと思われる。

 

本文は 光之森 で発表 光の森,この文章を転載したら文章の完全性を維持し、文章の出所を添付してください(光の森)。

テキストリンク:http://www.hikari-mori.jp/830.html

0 個コメント

無意味なコメントはすぐに削除され、アカウントは発言を禁止される コメント 0/500
 
  1. 还没有任何评论,你来说两句吧