中国の消費者たちにお金を払わせるため、まずは「種草」と「土味」の営業方法を学ぼう

Avatar 光之森 2022-04-12 100 セカンダリ(エクスプローラ) 0

画像3

画像4

竹酢液で作られたトイレットペーパー、ラー油老干媽というブランドから出品された長袖Tシャツ、真っ白な壁があれば、映画館のように映画を見ることができるミニ映写機、淘宝(タオバオ)アプリでの新しい機能―「種草」チャンネル、職場のプレッシャーを癒す一人クリニック…このような色々な不思議な商品や、サービスは、2018年に中国で人気になった。

中国の消費者たちの好みから見れば、近年中国の消費増加の成り行きを示した。

「中国の市場が今直面しているのは、産業構造と消費構造を転換することだ」と北京の専門家、知萌質訊機構創始者兼ねCEO肖明超は、「東方オンライ2019年消費者の生活スタイルの成り行き検討会」でそう指摘していた。

2018年を振り返ると、中国の消費市場は「よいところもあれば、悪いところもある」と言ってもよいだろう。同一産業でも、切り詰めるブランドがあれば、順調に進めていくブランドもある。自動車産業を例としてあげると、26年ぶりにはじめて下がり、五ヵ月連続的で増加が続いていた。しかし、それに対して、エコカー産業の売り上げは76%増加した。今まで、中国の大陸には自動車製造業のライセンスを持つ企業は1,000社あり、そのうち200社以上はエコカーに投資している。肖明超が「自動車産業全体が、自分自身を転覆している。自動車産業の他、家庭用電気製品や携帯産業なども同じ状況に陥いている。」と言っていた。

言うまでもなく、2019年に中国は世界第一の消費市場と言われるが、人口の優勢はすでに時代遅れだ。肖明超は具代的なデータをあげた。中国には13億人のネチズンがおり、平均一人あたり44.2個のアプリを毎日インストールした。その後毎日8個のアプリを削除する。新しく作成されたインターネット企業の60%のアプリユーザー数は約100万〜500万だ。「ネットトラフィック時代」に入ってから、小売業界の競争環境も、人口統計的配当の競争から新しい消費者配当の競争に変化したと思われる。

環境変化の両端化に対して、肖明超が「2019年、中国の消費構造はさらに調整され、販売エネルギーは引き続き活発になる」と考えていた。だが、いくつかの大きくな変化に注意を払う必要がある。

画像1

(2019年中国の消費市場は「両極化」が続く。深圳華強北商圈)

一番目のトレンドは「本物の消費」。消費者はもはやシンボルのために消費するのではなく、自分自身を示すために消費することにした。そしてさらに彼らはコアバリュー経営に戻る。購入時に追求するのは、「フォロー・マイ・ハート」を表示し、リアリティを強調したナチュラルで高品質な商品だ。Continental Hengan Group(恒安集團)は、竹を原料としてより自然な抗菌作用に重点を置いた竹パルプトイレットペーパー「Bamboo」を発売し、好評を博し、1年間で3億元を売り上げた。

二番目のトレンドは「専門主義」。多くの消費者行動は最も純粋な製品を追求し始めた。特に機器の分野では、「興味のマスター」と呼ばれている。たとえば、新興のスポーツ用品ブランドUnder Armourが、NikeやAdidasと競争することができる要因は、エクササイズごとに、プロのアスリートレベルの機器が装備することは大切だということを消費者にちゃんと伝えたことだ。消費者はスポーツに参加するたびに、自分がより良い保護を得ることが感じるようになった。「中国の多くの人々はタオルで顔を洗うのではなく、代わりに捨てることができる綿の柔らかいタオルを買う」と肖明超は言った。

三番名のトレンドは「癒しの経済」。社会的なプレッシャーはで、生み出された都市のコミュニティは徐々に家庭と依存の感覚を欠き、多くの人々は癒しの物事を好きになる。たとえば、ナレッジベースのアプリ「知乎」は、一人のヒーリングセンターを開設し、いくつかのナレッジシーンをセットアップして、ユーザーがナレッジを通じて不安を癒すことができるようになった。山東省廊坊にあるホテルは、開業から2年後に収益を上げ始め、中国の健康文化を「徳、食、功、書、香、楽、花」という7つの漢字と結びつけた。それから、数多くのテーマに沿った体験を提供した。

画像5

以上の三つのトレンドのほか、色々な消費傾向がある。より良い家庭生活を追求す「リトルホームマスターピース」、中国のファッションを表す「中国製品のトレンド」、砂糖とコレステロールなどを減らす「還元主義」、オンラインのキャラクターと現実のキャラクターとの違いを表現する「デュアルライフ」、若者の間で非常に人気がる「おしゃれ主義」。

画像7

 もう一つのトレンドは「種草主義」。「種草」とは、ある人に「購買意欲を芽生えさせる」ということ。新しい傾向は、多くの消費者が最初に他人の経験を見て、購入することにしたことだ、アプリ小紅書では、1億2千万のユーザーがあり、口コミを共有することでスーパーユーザーを獲得した。アプリ淘宝網も市場の動向を踏襲し、貴重なホームページスペースに「種草チャネル」のラベルを追加した。これも、種草トレンドが依然として広がっていることを示している。

画像6

最後の消費トレンドは「地味しながら非凡だ」という傾向だ。地味な農村の産物はSNSを通じて、より多くの支払いをさせることができるようになった。椰樹というココナッツミルクブランドは、海南島のココナッツで搾りたてのココナッツミルクを販売し、商品のパッケージが非常に醜い。だが、三十年間、椰樹の売り上げは減少することはあまりなかった。現在、多くの農産品のブランドは、TIKTOK、快手などのショートムービーを利用し、人気を博した。

2019年に中国の10の主要な消費傾向は、消費格付けの多様化とカラフル的な世界を強調している。 肖明超は、「真実に逆戻りし、真実に戻る」と言っていた。ゴージャスな感情の追求からより多くの自己表現へを転換した消費者は、商品の新しい意味を発見し、基本的な需要から伝統的なクラシックを追求する。今ではますますパーソナライズされた流行の消費が期待されている。
2019年に進化中の中国の小売サービス業界は素晴らしい変化が続いていくようだ。

画像3

中国向けマーケティング・ブランディングの戦略支援
ミニプログラム開発・制作サービス
インフルエンサーマーケティング
中国に向けたプロモーション/集客を総合的にサポート
株式会社斐然商事 www.izenshoji.com

本文は 光之森 で発表 光の森,この文章を転載したら文章の完全性を維持し、文章の出所を添付してください(光の森)。

テキストリンク:http://www.hikari-mori.jp/832.html

0 個コメント

無意味なコメントはすぐに削除され、アカウントは発言を禁止される コメント 0/500
 
  1. 还没有任何评论,你来说两句吧