新型コロナウィルスが終息後、多くの消費者を迎えますか? 第1弾

Avatar 光之森 2022-04-12 94 セカンダリ(エクスプローラ) 0

 

新型コロナウィルスが終息後、復讐のための消費が迎えますか?

消費者の消費習慣が変化しています
新型コロナウイルスの影響による特別な経験は、消費者の考え方をどのように変えるでしょうか? もしかすると「低欲求消費観」が形成されているかもしれません。この間、外出ができないため、誰もが「低欲求消費」に順応しています。私たちの生活には、それほど多くのものが必要ないとわかりました。現在の「低欲求消費」は長く続くかもしれません。

 ここ最近、中国の消費者には2つの微妙な変化が現れました。
 1.消費リズムの調整は避けられない
新型コロナウイルスの影響で消費欲を満たすことができず、ストレスが溜まっているため、多くの人々は「復讐のための消費」があると信じていました。しかし、長期間家にいてあまりに退屈だと感じている80年代と90年代の若者は、ただタピオカを数杯飲んだり、お鍋を数回食べたりして、引きこもり状態の退屈な気持ちを発散できればいいと考えます。必要かどうかを考えずに、ただ買うために買うという、復讐のための消費はありません。

 新型コロナウイルスの影響で自粛している期間は、ファッションの話題がなく、消費に対する高い欲求がありません。ファッションについてあまり話さないときには、消費のリズムが大幅に遅くなり、動機が希薄になります。主な消費者が実際にお金を使うのは、彼ら自身のビジョンとセンスを表現するためだからです。
2.理性が徐々に回復する
今度の新型コロナウイルスの影響を受けて、「先行消費」が増加する可能性は低いです。

画像2

 多くの会社において、社員の散在、業務の停滞、収益の減少、見通しが不透明という状況が発生しているため、住宅ローン等に明らかな圧力がかかっています。消費者だけの問題ではなく、金融機関は2020年の不良債権率が非常に高くなる可能性があると言っています。そのため、金融機関は間違いなく消費者ローンを引き締めます。今年は昨年よりもお金を借りるのが難しくなります。過去1〜2か月の消費者心理の最大の変化は、過去の慣性によるライフスタイルに代わるものを見つけるのが容易であると発見したことです。タピオカを飲めない場合は、タピオカの「並外れた甘さ」をフルーツの「純粋な甘さ」に置き換えることができます。自分自身で特色のある料理を作ることができ、ミルクティーとコーヒーをフルーツに置き換えたことを自負しています。

 全体として、この期間の中国の消費者市場への最大の衝撃は、消費者の動機とリズムが変化したことではなく、中国の消費者が消費の実際の意味について真剣に考え始めたことです。
筆者は、この若い世代の消費者グループに牽引されて、“インフルエンサー経済”と“在宅経済”が加速度的に成長していくと考えます。新世代の消費者は個人の感情に焦点を当て、個性を追求し、自由を提唱し、社交的で、特に関心のあるものにお金を使う傾向があります。

ここでは、この世代の消費者の需要マトリックスを細かく分析します。国内市場には3つの主要な消費マトリックスがあります。

(まだ続く...  フォロワー)

本文は 光之森 で発表 光の森,この文章を転載したら文章の完全性を維持し、文章の出所を添付してください(光の森)。

テキストリンク:http://www.hikari-mori.jp/845.html

0 個コメント

無意味なコメントはすぐに削除され、アカウントは発言を禁止される コメント 0/500
 
  1. 还没有任何评论,你来说两句吧