リモートワークが長く続けられるか?

Avatar 光之森 2022-04-12 362 セカンダリ(エクスプローラ) 0

最近ではほとんどの企業がリモートワークを導入されてきていますね。リモートワークのメリットを誇張する方もいますが、ここでは合理的な思考と事実分析を通じて、リモートワークを分析していきたいと思います。
今回の新型コロナウイルスの影響で、リモートワークプラットフォームのデータが好調になっています。そのため一部のメディア専門家は、2020年がリモートワークの元年であり、将来的により増大していくと解釈し始めています。多くのリモートワークプラットフォームが、企業向けビジネス再開のポリシーについて急ぎ検討しています。最も効果的な方法は、期間限定で無料にすることです。しかし本質的には、これはまだ新規顧客を開拓するためのビジネス的な考え方です。

画像1

今回の新型コロナウイルス発生前も、いつかの日か会社に通わずに家でお金を稼ぐようになることを、多くの方が想像していたかもしれません。ただし、在宅勤務は次の問題を考える必要があります。
1.在宅勤務によって、企業は超低コストを達成できますか?
オフィス勤務の場合、最初に考慮すべきことはオフィスの賃貸コストです。オフィススペースの拡大または縮小もよくあります。しかし在宅勤務の場合にはそのようなトラブルはありません。20人の小さなチームであろうと、200人の規模の部門であろうと、会社の空間に影響しません。
しかし、考慮されていないことの1つに、現在多くのオフィスソフトウェアが一時的に無料、または基本的な機能が無料であるという点があります。本当に50人、100人がオンラインで同時に仕事する場合は、対応するパッケージを購入する必要があります。まずすべきことは、オフィスの賃借料とソフトウェア使用料を確認・比較することです。実のところ、ソフトウェアはそれほど費用を節約できません。
2.在宅勤務によって業務効率は本当に向上しましたか?
最近オンライン業務を経験した方は、オフィスでの会議よりもオンラインミーティングの方がはるかに効率的であると言っています。オフィスで会議をしていた時のように、会議室などの使用予約や事前の挨拶などは必要ありません。しかし、これは一部にすぎません。実際の問題として、全員のネットワーク環境が異なるため、部署の同僚の何人かが会議の時間にネットワークに接続できない場合もあります。
もう一つの重要な点は、多くの事柄を繰り返し確認する必要があることです。対面でのコミュニケーションは、オンラインのコミュニケーションよりも直接的で効率的です。それはすべての従業員に非常に高い専門知識と専門能力が要求されるためです。したがって、完全にオンラインにすることは困難です。
3.上司のコントロール感、安心感、信頼感を満足させることができますか?
在宅勤務は、現時点では他に選択肢がないため、ほとんどの企業にとって無力であると思います。多くの企業では、従業員は通常朝と夕方にシステム内にチェックインする必要があり、グループへのサインインに加え、写真を撮る必要もあります。
こうした要求の本質は何でしょうか? 家でさぼっているのではないかと思い、早く仕事に就いてほしいという気持ちではないでしょうか?同じオフィスにいる場合、直接聞けば、上司は仕事の進捗状況が分かります。オンラインの場合、上司は進捗状況を完全に把握することができず、安心感がありません。
新型コロナウイルスが収束し、経済活動を再開する際、多くのコミュニケーションおよびミーティングがオフラインに戻ります。会話と伝言は違い、効果も完全に異なります。

画像2

おそらく一部の人々や一部の企業はオンラインに順応できますが、これは業界と人材の質が要件を満たした場合に限ります。
企業にとってオンラインでの作業はごく一部にすぎず、決して主流ではありません。企業の一時的な雇用ニーズのために、フリーランサー、またはいわゆる共有従業員を使うことができます。
インターネットの普及およびIT技術の発展により、フリーランサーになる人が増え、柔軟な雇用体系を選択する企業も増えました。企業は、従業員に複数の職を掛け持ちさせたくない、有能な人材を競合他社に共有したくない、自分の会社だけに所属してもらいたいと考えます。ですから、柔軟な雇用に適しているのは特定の業界とサービスプロバイダーのみです。社会の主流は依然として集中型オフィスです。人材は企業の最も貴重な資産なのです。
新型コロナウイルスの影響により普及の兆しは見えましたが、現在の予想外の状況は、想像よりもはるかに複雑です。 今後、間違いなく他に新たな問題が発生するでしょう。企業として将来の緊急事態に対処するために、独自のプランBを持っているかどうかを考える必要があります。
したがって、今回の新型コロナウイルスの流行が終わった後も、オンラインの共同作業は放棄されるべきではなく、企業が緊急事態に対応するための通常の対策になるはずです。

..............................................................................................................................www.izenshoji.com
中国向けマーケティング・ブランディングの戦略支援
ミニプログラム開発・制作サービス
インフルエンサーマーケティング
中国に向けたプロモーション/集客を総合的にサポート
株式会社斐然商事

本文は 光之森 で発表 光の森,この文章を転載したら文章の完全性を維持し、文章の出所を添付してください(光の森)。

テキストリンク:http://www.hikari-mori.jp/847.html

0 個コメント

無意味なコメントはすぐに削除され、アカウントは発言を禁止される コメント 0/500
 
  1. 还没有任何评论,你来说两句吧