コンテンツをレコメンドするために必要なキーポイント-link zhao

Avatar 光之森 2022-04-12 92 セカンダリ(エクスプローラ) 0

コンテンツをレコメンドするために必要なキーポイント-link zhao

コンテンツをレコメンドするために必要なキーポイント
コンテンツレコメンドは、過去2年間でよく耳にするようになった言葉です。コンテンツレコメンドのコンセプト、最も効果的なコンテンツレコメンドの商品を掘り起こす方法、コンテンツレコメンドのKOLの選び方などのポイントをまとめました!

画像1

1.コンテンツレコメンドとは
簡単に言えば、売れ筋の人気商品を1つ作り、ブランドの知名度を確立することです。これは、従来のマーケティングモデルとは正反対のロジックです。従来のモデルは、最初にブランドを設定し、次に商品を出します。
コンテンツレコメンド式マーケティングは、中小規模のブランドに多くの機会をもたらしました。商品に人気のポイントがある限り市場ですぐに認知されるため、ブランドに膨大なマーケティング費用を費やさずに済むのです。
コンテンツレコメンドにとって最も重要なことは、ユニークな「レコメンドポイント」を持つ商品を作ることです。ここでのポイントは、ユーザーのペインポイントを解決する側面と、ユーザーの痒みを掻く側面の2面から満足させる商品を作り出すことです。または、既存商品に消費者が満足できるような「ポイント」を足すことです。商品に満足すればするほど、コストが低くなります。実際には、日常生活のなかには特徴のない商品がよくあります。ですから、すべての商品がコンテンツレコメンドに適しているわけではありません。
ユーザーの悩みに応える商品とは、ユーザーのニーズの深化に応えて生まれた商品であり、潜在的なユーザーにとっては、その商品の「コンテンツレコメンド」が有効です。しかし、1つ欠点があります。短期的にはユニークさでユーザーの注目を集め、購入されますが、その後ほかの業者も同じ商品を作り出したら、「コンテンツレコメンドポイント」が無効になるという点です。
このような場合、ユーザーの「かゆみ」をかく方法を見つける必要があります。
例えば
①商品パッケージをデザインし直します。
②関連商品とのIP協力、クリエイティブなフォームを作り出します。
③従来のものとは異なる使用場面、または使用方法を作り出します。
④俳優やKOLと協力して、俳優やインフルエンサーが使用しているというお墨付きを得ます。
⑤商品をパーソナライズして、差別化または高級感があるショッピング体験を作り出します。
ユーザーのかゆみポイントを解決するコンテンツレコメンドは、ペインポイントを解決するコンテンツレコメンドと比べて、効果の持続期間が短いです。ユーザーのかゆみをかくコンテンツレコメンドをとおしてマーケティングするためには、さまざまなオンラインの売れ筋商品を次々に作り出す能力が必要です。かゆみをかくコンテンツレコメンドは短期的にトラフィックを引き付けるためのアプローチであり、最終的には商品のコア消費モチベーションに戻る必要があります。

画像2

2.最も効果的なコンテンツレコメンドを掘り起こす
コンテンツレコメンドは、商品の1つか2つのコアポイントに焦点を当てることが最適です。
コンテンツの概要を書く際、セールスポイントが少なすぎることを心配する人々は、商品を際限なく360度から賞賛することで、消費者が良い商品だと感じて購入すると思っています。しかし、実際にはこれは行うべきではありません。商品が消費者に思い出されにくくなることを防ぐため、1つか2つのコアペインポイント、または「かゆみ」に焦点を当てばよいのです。そして、複数のKOLと一緒コンテンツレコメンドをする場合、各KOLが同じように1つか2つのコアポイントに焦点を当てる必要があります
商品に消費者が商品を明確に思い出せるようなニックネームを付けます。
商品にニックネームを付ける原則は、商品のセールスポイントに基づいた上で、生活のなかでイメージしやすいシーンを活用することです。セールスポイントは生活場面に関連すればするほど消費者が覚えやすくなります。

3.コンテンツレコメンドにおけるKOL(key opinion leader)のキーポイントを選択する
「レコメンドポイント」が決まったら、次のステップはそれを「伝わる言葉」に変換することです。
コンテンツレコメンドの主体はKOLであり、従来のブランドマーケティングとは異なります。KOLが配信するコンテンツは基本的にファンとのコミュニケーションで成り立つため、公式の説明書きの代わりに、人々の間の対話コンテンツが必要になります。商品のセールスポイントを「伝わる言葉」に変えるためにはいくつかのルールがあります。シーンや類似画像の追加、KOLの言葉を組み込むことなどです。
スペシャリストのレコメンドは信頼に基づいているため、コンテンツは可能な限り信頼できる商品評価と使用経験などの形式で進めます。
外見で消費者の購買意識に影響を与えることができない商品については、KOL自身の使用経験を組み合わせて、成分の有効性を伝えたり、ライブのデモンストレーションまたは評価を通じてその機能を示したりすることが最適です。スペシャリストがブランド側から用意された内容だけを公開することはタブーです。それではコンテンツレコメンドではなく、メディアプロモーションを行うということになるからです。
コンテンツプランの主な宣伝者はKOLですが、実際にはブランド側も協力しながら行動する必要があります。最も重要なのは次の2点です。
①サイト外の評価誘導
サイト外の評価誘導とは、レビューが「商品情報から外れない」ことを確認した上で、ファンが商品情報を広めるようにすることです。
②世論傾向の確認、及びサイト内に関連するEC検索キーワードを配置
サイト内に関連するEC検索キーワードを配置するとは、SEO / SEMを最適化することを意味します。そうしないと、トラフィックが他のブランドに到達したり、奪われたりする可能性があります。

画像3

(中 国マーケティング・ブランディングの戦略支援、越境ECならー中国第一駅)

コンテンツレコメンドとしてKOLをとおして商品を宣伝します。KOLは主に商品をおすすめします。直接的に売り上げの拡大をもたらしているわけではありません。しかし、ソーシャルメディア、検索インデックス、ストアファンの数、指定されたSKUの購入の増加、コレクションなどに関する商品指標が増えることになります。KOLの本質はコンテンツクリエーターであり、その役割は、ある程度売れ筋の商品の販売ルートをすでに持っており、これからコンテンツレコメンドによる商品の販売を試したい人に、販売開始前に、目標と期待を伝えることです。
..................................................................................................................................................
中国向けマーケティング・ブランディングの戦略支援
ミニプログラム開発・制作サービス
インフルエンサーマーケティング
中国に向けたプロモーション/集客を総合的にサポート
株式会社斐然商事

本文は 光之森 で発表 光の森,この文章を転載したら文章の完全性を維持し、文章の出所を添付してください(光の森)。

テキストリンク:http://www.hikari-mori.jp/849.html

0 個コメント

無意味なコメントはすぐに削除され、アカウントは発言を禁止される コメント 0/500
 
  1. 还没有任何评论,你来说两句吧